関澤医院

大正期に開業。趣深い木造建築が残されている。落書きや荒らされた跡もなく、当時の状態がそのまま残っている。至高の廃墟美を見せてくれた。
凄い。思わず何度も口にした。戦前の日本映画の世界に迷い混んだかのようだ。
一つ一つが展示品のよう。窓、机、椅子、部屋全体から木造の温かみを感じる。
小瓶に黄色い文字で脳の標本と記されている。この診察室の奥の手術室へ行ってみよう。
外で元気に鳴いていた蝉の声が一度止み、静寂につつまれた。そんな気がするほど、何も耳に入らなくなるほど、眼前の光景に息をのんだ。産婦人科も兼ねていたので、分娩台かな。この部屋で、たくさんの産声が響いたのかな。
なんてレトロなテレビ。白黒であることは勿論、昭和初期のものではないか。
奥の部屋はレントゲン室。手前の薬局の中に入ってみよう。
計量用の天秤。当時は処方する薬の調合もここで行ったのだろう。1963年のカレンダー、とっても綺麗な女性だ。今は何歳かな(笑)
危うい渡り廊下。
何とか渡り切ると、左右に3部屋の入院病棟があった。
医師とのホットライン電話だろうか。昭和42年の電話帳も添えてあった。
1970年といえば大阪万国博覧会。それを意識した絵柄のカレンダー。
ここの所有者は地域で知られた有力者で町長なども歴任したという。四代目が少し離れたところて、新しい病院を開業中である。この時計はこの医院の今を象徴しているよう。いつまでもいつまでも、この幻想的な姿を保ち続けてほしい。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000