川村小学校高松分校

車のすれ違いも苦しい山道をどこまでもどこまでも登り続ける。いつしか、山深い集落が姿を現し、高松山の中腹に抱かれるように、その小さな分校はあった。
可愛い木彫りのふくろうに思わずほっこり。よく見ると、右上にも鳥を模した木彫りがあり、下方には野鳥のために餌入れもこしらえてあった。
2010年3月25日、歴代の児童や教員、村の人々が80人ほど集まり閉校式が行われ、約54年の歴史に幕を閉じた。最後にみんなで泣きながら校歌を歌ったと聞く。
創立50周年を記念したタイムカプセルだ。これを埋めた数年後に閉校となるわけだが、生徒人数は一桁が続き、一人の年もあったという。いつかは、その時が来るという予感はあったのかも知れない。
校舎の裏手に回る。実は、こちらが正面となり教室の入り口もある。
カワラヒワに笑ってしまった。でも調べたら確かにこんな感じの鳥だった。よく観察しているな。これを作った子供たちは皆、巣立っていった。
なんて可愛らしい下駄箱なんだろう。温もりを感じる。今でも児童たちが賑やかに通ってきそうな気がする。
屋内には野鳥に関する掲示物があった。自然豊かな土地の利を生かし、野鳥の観察に力を入れていたのだろう。
驚いた。見えるだろうか。校歌が手書きで書かれている。この分校の校歌がとってもユニークなので最後に紹介したい。
便所という表記が時代を感じる。トイレ内にも鳥の絵がある。ここの卒業生は鳥博士だ。
窓の鍵はレトロなネジ巻き式で、全てしっかり施錠されていた。何だか嬉しく思った。地域の方々に大切に保存されてるんだな。
教室の正面。定期的に野鳥かんさつ会があったようだ。ピカチュウもいるぞ。
間取りが1Rの学校。ちなみに、ここに通えるのは小学1~3年生まで。4年生からは本校への通学となる。
学校裏の斜面を登ると、緑のトラックが農業に従事していた。彼はここでの生活に満足していると言う。
だってこんな素敵な風景が毎日見られるんだもの。
ふくろうが校歌を歌ってくれた。
「うぐいすのこえ ホーホケキョ とらねこミーコが  みんなといっしょ たかまつぶんこう たのしいな♪」

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000