旧丸山変電所(修復後)

明治45年、碓氷峠(横川から軽井沢間)を行き来する列車の動力を供給するために建設された。昭和38年の新幹線開通と共に役目を終えたが、平成6年に国の重要文化財に指定され、近年修復工事が行われた。
修復前はかなり朽ち果てていた。修復というより復元。廃墟美が無くなったとマニアの間ではすこぶる不評である。
裏側に回ると、本来の(?)姿が少し垣間見えた。
とは言え、外壁の煉瓦などは99%当時のものらしい。では内部へ行こう。
毎年、文化の日に因んで数日間の内部公開をしている。狙って来たわけでなく、偶然だった。こちら蓄電室。
床が「チクタクバンバン(昔のスライディング・パズル・ゲーム)」みたいだ。蓄電機の配線を通していた。
窓や屋根は復元されたが、この白いコンクリートは以前からある。現役の頃は、電気系統の機械がはめ込まれていた。
横から見るとこんな感じ。
根元の青い印は当時のままかな。ここで1998年(修復前)写真の登場だ。



屋根から木漏れ日が。コンクリート壁には、うっすらと緑の苔が見られる。
美しきアーチ状の窓。扉の錆び具合も老翁の域だ。
ああ…、これぞ廃墟美。人々の営みを淡い幻想へと変えてゆく…。
ハッ‼我に返った。奥の機械室に行こう。
ここで係員の方が色々説明してくれた。私以外にも何人か見学に来ており、熱心に話を聞き、時に係員が舌を巻くような質問もしていた。
修復前の丸山変電所に会いたかったな。でもこれは退廃的な美を求める個人的な意見。仮に廃墟のままであったら、滅多に人は訪れなかっただろう。
碓氷峠の廃線(信越本線旧線)はハイキングコースに生まれ変わり、紅葉を楽しむ人々(登山スタイルの年配の方が多い)で賑わっていた。景色もよく、とっても気持ちいい。

当時の列車はアプト式といって、急勾配に耐えうるよう二本のレールの間に、三本のラックレールを取り付けていた。登りは徒歩くらいのスピードであったとか、下りで止まれず脱線したなど大変な歴史を持つ。
※アプト式はジブリアニメで再現されているので、最後に載せます。
トンネルだらけ。蒸気機関の時代は、乗員乗客煤まみれになったという。
昔はここを汽車や電車が通っていたんだと思うと、感慨深い。碓氷峠(横川から軽井沢間)は今でも電車は通っておらず、山中を輸送するバスが出ている。大半のお客さんは新幹線を使うが。
碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」に着いた。日本最大の煉瓦づくりアーチ橋だ。明治25年に完成し鉄道を支えてきたが、新幹線開通と共に廃線になった。今日はいっぱい歩いた。ぐっすり眠れそうだ。



ジブリアニメ「風立ちぬ」より。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000