下田御苑ホテル

下田の国道沿いに鎮座する七階建ての巨大ホテル。琴の調べが全館を静かに流れる和風旅館であった。廃墟界では有名で、不思議な部屋や、珍しい施設も兼ね備えている。かなり荒廃は進んでいるので、残された魅力を探す旅になりそうだ。
かつては観光客が心を弾ませ登った階段。入り口から布団の山。どの階も腐敗した布団でごった返していた。
まず、お風呂に入りますか。
こじんまりした大浴場。
お風呂上がり、昭和の三点セットがくつろいでいる。
下田御苑はある施設を増設した。客足を増やすための苦肉の策であったろう。この写真でわかった人は、この道の経験者かな?



音楽スタジオが全部で四部屋。琴の調べが流れる和風旅館と、若者たちのバンド練習。さすがに、ちょっと無理があるような…。
廊下も部屋も立派に荒廃しており、気づくと六階まで来ていた。途中、ネズミの死骸があり、ギリギリ踏まずに済んだ。危なかった。
窓から差し込む日の光は当時と変わらない。
なぜ同じ部屋にテレビが二つあるのか。
この622号室は有名で「過激派の部屋」と呼ばれる。大量の火薬が鍋に集められているからだ。実際はホームレスの仕業だろう。
さぁ、屋上へ。
お約束の下を覗き込み。
この絵。とある工夫がされていることに気付いた。よ~く見てほしい。




遠近法でとある角度から見ると
「SULOH」の「L」が重なるのだ!!
そして、扉の向こうには再び階段が。
機械室。ここは地下にも広い機械室があった。
屋上へ出た。見晴らしがよく、気持ちいいなぁ。この、建物の裏手に回ると…
待ってました☆グラフィーティーアート。DEST(destination)は目的地の意。そう、まさに屋上はゴールだ。近隣にある下田グランドホテルと双璧をなす、情緒溢れる廃ホテルだった。

Departure

気軽に廃墟を堪能できるサイトです。簡潔、かつ読み応えのある構成を心がけます。宜しくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000